• 認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京 ~知的障害のある人たちにスポーツを~

    認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京~知的障害のある人たちにスポーツを~

  • スライド2

    認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京~知的障害のある人たちにスポーツを~

  • スライド3

    認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京ト~知的障害のある人たちにスポーツを~

スペシャルオリンピックス(SO)は、
知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングと、
その成果の発表の場である競技会を、
年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。

  • 株式会社クラフティ
  • 株式会社ベルシステム
  • シティグループ
  • 株式会社 NHK ビジネスクリエイト
  • J.P.モルガン
  • 株式会社ハンゾー
  • 新日本空調株式会社
  • ドイツ銀行グループ
  • 交洋貿易
  • 内閣府認可一般財団法人職業技能振興会
  • トヨタモビリティサービス株式会社
  • 東京海上ビジネスサポート
  • 東京海上キャリアサービス
  • 東京山王ロータリークラブ
私たちについて スペシャルオリンピックス日本・東京の団体概要をご紹介

私たちについて スペシャルオリンピックス日本・東京の団体概要を紹介します

支援する 活動は多くの方々の寄付によって支えられています

支援する 活動は多くの方々の寄付によって支えられています

アスリートになる 6歳以上の先天的に知的障害のある方は誰でもアスリート

アスリートになる 6歳以上の先天的に知的障害のある人なら、だれでもアスリートになれます

ボランティアをする 活動はボランティアが支えます。アスリートと共にスポーツ

ボランティアをする 活動はボランティアが支えます。アスリートと共にスポーツを楽しみます

活動報告

  • 9月11日(日)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催された「2022年9月SON・東京バスケットボール交流会」にて、競技チア・プログラムのアスリートがパフォーマンス(日頃の練習の成果)を披露しました。

    多くの観客を前にしたパフォーマンスは3年ぶり。当初、参加した30名のアスリートからは緊張の面持ちが伺えましたが、16名のボランティアによるサポートと会場からのたくさんの拍手によって、パフォーマンスごとに自信をつけていったようです。

    競技チアには、競技チアと非競技チアの2種目がありますが、今回は非競技チアの競技応援とセレモニーへの参加となりました。具体的には、ハーフタイムショーに「YOUR SONG」「Cheer Tokyo」「Tonight」の3曲を披露し、第5試合では試合前にコート内で花道を作り、アスリートの入場をサポートしました。

    また、いずれの試合も、ゲーム後半にはベンチ裏でアスリートたちを応援。最後の壮行会では、「ナショナルゲーム・広島」に出場するアスリートの紹介を、花道で盛り上げました。

    競技チア・プログラムの稻山敦子主任コーチからは、こんな感想が寄せられています。

    「バスケファミリー、アスリート、関係者から『かわいい~』『頑張って~』『よかったよ~』と声をかけられて、皆うれしそうでした。アスリートたちは、応援の練習があまりできなかったにも関わらず、当日の指示の中でもしっかりと対応でき、素晴らしかった。応援している姿も一生懸命で感激しました」。

    ファミリーからは、「パフォーマンス・チアを他競技の会場で披露したのは初めてだったけど、競技チアのあらたな一面を体験できてよかった!」という感想あり、これを受けてスタッフたちは「機会があれば、別の競技の応援もしてみたい」と考えています。

     

  • 9月11日(日)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、「2022年9月SON・東京バスケットボール交流会」が実施されました。アスリート約150名、ボランティア・ファミリー約100名、総勢約250名という地区大会に並ぶほどの大規模なイベントです。

    開催の目的は、2つ。まずは、普段は7つの会場に分かれてトレーニングに励んでいるSON・東京のバスケットボール・プログラムのアスリートたちの親善交流。そしてもう一つは、11月に開催される「ナショナルゲーム・広島」に出場する選手団の壮行会および強化試合です。

    内容は、ディビジョンごとのゲームを2試合と個人技能競技を行うという形でしたが、あくまで「親善・交流」が目的だったため、順位を決定するということはしませんでした。また、コロナウイルス感染症対策のため原則無観客とし、その他の幅広い安全性をも確保する、万全な看護体制を整えた運営となりました。

    当日を振り返り、バスケットボール・プログラム委員長の古野庸一さんは、次のように語っています。

    「夏休み明けのイベントということもあって、練習不足でのケガや熱中症を心配しましたが、大事に至るケガもなく、大いに盛り上がる交流会となりました。ゲームは白熱し、本気で笑い、楽しみ、悔しがるアスリートと、それを懸命に応援するファミリーの姿を見て、あらためてこのような交流会を開催することができてよかったと感じたと同時に、スペシャルオリンピックスの存在意義を確認することができました」。

    計画の段階から当日の運営に至るまで、さまざまな苦労を乗り越え、このような大規模な交流会を成功させたバスケットボール・プログラム関係者の尽力には、頭が下がる思いです。「ナショナルゲーム・広島」に出場するアスリート、コーチたちにとっても、大きな励みとなったことでしょう。

  • 7月から再開した、対面の「ボランティア説明会」。各月、少しずつではありますが、 参加もいただき、嬉しく思います。 今月も「定員3名」は変わりませんが、開催します。 

    スペシャルオリンピックスに興味はあるけど、直接プログラムの現場に参加するのは、 ちょっと…という皆さま。いつもプログラムの現場で、アスリート(知的障害のある人たち)と一緒にスポーツなどを楽しんでいる、先輩ボランティアが体験を交えながら、 スペシャルオリンピックスの魅力を伝えます。この機会にぜひ、参加してみませんか。

    【日時】
    *中止 9月20日(火)19時00分~20時30分
    *9月24日(土)10時30分~12時00分
    【会場】
    日本キリスト教会館ビル 7階73号室(新宿区西早稲田2-3-18)
    【アクセス】
    東京メトロ東西線「早稲田」駅 徒歩約7分

    準備の都合上、事前申し込み制としています。締め切りは、各開催日の2日前までです。
    ただ、この説明会へ参加しなくても、ボランティアをすること可能です。説明会に参加できないけどボランティアには興味があるという方は、気軽にSON・東京事務局までお問い合わせください。

    【申込み・問い合わせ先】
    認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京
    office@son-tokyo.or.jp

    申込みの際は、氏名、当日の連絡先(携帯番号)、メールアドレスを記入の上、件名に「ボランティア説明会参加希望」と記載してください。

    お待ちしています

    ※こちらの案内チラシもご覧ください

一覧を見る