NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京ロゴNPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京

ボランティア

SON・東京の活動は、ボランティアが支えています。「自分たちのできることをして社会の役に立ちたい」と考える多くの方々が活動に加わっています。ボランティアは、様々なスポーツプログラムに参加する知的障害者(アスリート)や、その家族(ファミリー)と一緒にスポーツを楽しむコーチ、事務局の運営をサポートするスタッフなど、様々なスタイルがあります。得意なことを生かして、あなたもボランティアのメンバーに加わってみませんか。

 

ボランティアが支えるSON・東京

SON・東京には、1,400人を超えるアスリートが所属しています。すべてのアスリートが、安全かつ楽しくスポーツトレーニングや文化活動、大会・イベントに取り組むためには、ボランティアの力が欠かせません。

 

ボランティアの楽しさ・やりがい

「できなかったことが、できるようになる」。アスリートたちがスポーツの技量を向上させたり、人間的に成長したりするスピードは、決して早くはありません。しかし、それだけ上達や成長を目の当たりにしたときの感動は大きく、他では味わえない体験ができます。

 

誰にでもできるボランティア

スポーツトレーニングの実施が主な活動ですので、スポーツが得意であれば活躍の場は広がちります。しかし、まったく競技経験がなかったとしても、「アスリートと一緒にスポーツを楽しみたい」という気持ちがあれば、できることはたくさんあります。

 

ボランティアに挑戦

知的障害のある人たちをサポートしたい。充実した時間を過ごしたい。違う世界の人たちと、知り合いになりたい。他人のため、そして自分のために、ボランティアに携わるとすばらしい経験ができます。まずは一歩、新しい道に踏み出してみましょう。

 

SON・東京では万が一の事故や怪我に備え、NPO総合保険に加入しております。プログラムやイベント等で怪我をしてしまったり、会場の備品を壊してしまった際に、保険の対象となることがあります。ただし、保険の適用には事前に「ボランティア登録申込書」の提出が必要です。

 

このページの先頭へ