「SON・東京支援チャリティコンサート」が開催されました

左から鈴木大介氏、実行委員・根岸眞子氏、藤原道三氏、水谷川優子氏、真壁理SON・東京理事長、山井綱雄氏

 

10月10日(日)、千代田区の紀尾井ホールにて、スペシャルオリンピックス日本・東京支援チャリティ・ガラ・コンサート「太陽の東×西の月2021」が開催されました。

出演は、尺八の藤原道三氏、ギターの鈴木大介氏、チェロそして本コンサートの音楽監督でもある水谷川優子氏。これに金春流シテ方能楽師の山井綱雄氏をスペシャルゲストとして迎え、各氏の素晴らしい演奏に加え、東西の音楽が融合する独創的なハーモニーが客席を満たしました。

水谷川氏は本コンサートについて、「普通の生活の有難さが身に沁みる日々を経て『100人いたら100通りの幸せがある』のだと再認識しつつ本日のプログラムが生まれました」と語っています。まさにスペシャルオリンピックスの活動を深く理解し、心から応援される気持ちが形となったコンサートだったと言えるでしょう。

当初は昨年に開催する予定だった企画を、コロナ禍によってやむなく本年に延期。今回もぎりぎりまで開催できるかどうか不安視されていましたが、ホールの多大なご協力と実行委員会の徹底した感染対策によって、大きな混乱もなく無事に幕を下ろすことができました。

チャリティのお気持ちで来場された観客の皆様、当日の運営ボランティアの皆様、そして実行委員会の皆様、本当にありがとうございます。収益の一部をご寄付いただける予定とのこと、心より感謝申し上げるとともに、活動推進のために大切に使わせていただきます。